開催させていただける企業募集中

~障害者の方と共に学ぶ~
 ウェブアクセシビリティ診断・企業内講習会
(初級編)

サニーバンクでは障害のある方向けに「ウェブアクセシビリティ診断講習会(初級編)」を定期的に実施しています。

この講習会は、視覚障害やその他の障害のある当事者が開発した教材を利用しており、障害者が実際に診断対象となるウェブサイトを利用し、ウェブアクセシビリティに関する指摘を行えるようになることを目標としています。 このような講習会は他に例がなく、受講者からも高い評価を得ています。

社会的要請が高まるウェブアクセシビリティ

ウェブアクセシビリティについては、アメリカでは年間数千件の裁判が行われるほどに社会的な重要テーマとなっています。 一方で日本ではこれまでは認知度が低く、「どのような点について注意すればいいのか」などの理解が追いついていませんでした。 しかし2016年に3度目の改訂が行われたウェブアクセシビリティ規格「JIS X 8341-3:2016」では、ISO/IEC 40500:2012やWCAG 2.0といった国際規格と一致した規格へと変更されました。 そして、2016年4月1日より施行された障害者差別解消法により、公的機関のみならず多くのWebサイトでもウェブアクセシビリティの確保や向上が急務となっています。

障害者の方とともに、ウェブアクセシビリティを学びませんか

サニーバンクでは、この潮流をふまえ、「ウェブアクセシビリティ診断講習会(初級編)」を開催させていただく企業を募集しております。 障害を持つコンサルタントとスタッフが貴社に伺い、貴社サイトを題材としながら講習会を進行します。 講習会にはサニーバンクに会員登録されている一般の障害者の方々数名が参加します。貴社からも数名ご参加ください。 そして、実際に「障害者が実際にどうやってウェブサイトを活用しているのか」「貴社サイトのどういう機能が使いづらいのか」「どういう機能があると嬉しいのか」などを直接聞きながら、 障害者から貴社サイトのアクセシビリティの改善についての貴重な意見を得ていただければと思います。

ウェブアクセシビリティを頭で理解するだけでなく、実際に障害者が貴社サイトにアクセスしている場面を体感することで、ぜひ貴社サイトのウェブアクセシビリティの改善とサイト価値の向上にお役立てください。

~障害者の方と共に学ぶ~ ウェブアクセシビリティ診断講習会 概要

[内容]
貴社で講習会を開催する場合、貴社サイトや業界のウェブサイトを予め確認し、その状況を例題に講習会を実施します。 さまざまな障害のある方に参加していただき、実際に貴社サイトを対象にアクセシビリティ診断を行い、その場で結果を報告いたします。

[条件]
土曜日午後に3時間ほど会議室をお貸しいただける企業・個人(10名程度が入る会議室をお願いします)
貴社から数名ご参加ください。(参加ご希望人数はご相談ください)
講習会の進行は基本的には行いますが、場合によっては障害のある方のご案内等、ご協力いただく事もございます。

[料金]
特別価格 100,000円(税抜)※税込110,000円
※先着5社までの限定価格となっています。
※都内以外の遠方の場合は別途交通費をいただく場合があります。

[その他]
休憩時間等に簡単な座談会も実施します。お客様の会社およびその業界に関してのイメージや困っている事などもヒアリング可能です。

お問い合わせはこちらから

お仕事の流れ

依頼

依頼

案件ご相談フォームよりどのような仕事なら依頼できるのか、お気軽にご相談ください。

契約

契約

お客様とお仕事の進め方を相談し、契約をいたします。

作業

作業

受注された障害者の方とサニーバンク事務局との間で確認しつつ、業務を進めていきます。

納品

納品

納品成果物の確認を行った上で、弊社よりご納品いたします。

支払

支払

納品完了後、評価をお送りいただきます。案件が完了した月を【請求月】として、請求月の【翌月末日】までに、弊社宛にお振込みいただきます。

もし、障害者向けの動画作成等を考えておりましたら、まずはご相談ください。
最適なワーカーを選定し、動画作成・編集のお手伝いをさせていただきます。

その他のお仕事紹介